Compass Investments

Crypto vs. Dollar

📌 米国スポットビットコインファンドから資金流出^^;。

シェア:米ビットコインETFは、米連邦準備制度理事会(FRB)の金利に対するタカ派的な姿勢を受け、5億8,060万米ドルの資金流出が発生した一方、資金はETA商品に流入し、投資家心理の変化を示唆した。. Fidelity

– シェア:米ビットコインETFは、米連邦準備制度理事会(FRB)の金利に対するタカ派的な姿勢を受け、5億8,060万米ドルの資金流出が発生した一方、資金はETA商品に流入し、投資家心理の変化を示唆した。

ビットコインETFの弱気トレンドは米国だけではない。世界全体では、デジタル資産投資商品からの資金流出額は過去約3カ月で最大となり、6億ドルを超えた。これらの投資商品への着実な資金流入が5週間続いた後、先週は大幅な反転が見られ、累計純流出額は5億8,060万ドルに達した。

アナリストたちは、この逆転現象は先週水曜日の連邦公開市場委員会(FOMC)が予想以上にタカ派的であったためだと分析している。FRBは金利を5.5%に据え置き、今年の利下げは1回のみとした。このインフレに対するスタンスは、投資家がビットコインのようなリスク資産から資金を引き揚げ、スポットビットコインETFファンドからの資金流出につながった可能性がある。

米国のスポットビットコインETFは19日間プラスの資金流入を記録し、40億ドル以上を積み上げた。しかし、この流れは先週月曜日に逆転し、米国の様々な経済データの発表を受けてビットコイン価格が下落したことと重なった。資金流出は大規模だった。世界最大のビットコインファンドであるグレイスケールのGBTCが2億7430万ドルの資金流出でトップ。アーク・インベストのARKBが1億4970万米ドル、フィデリティのFBTCが1億4630万米ドルで続いた。ブラックロックのIBITは唯一の例外で、4,160万米ドルの純流入となった。

弱気心理は世界市場にも影響を与えた。コインシェアーズによると、デジタル資産投資商品の流出額は過去約3カ月で最大となり、6億米ドルを超えた。興味深いことに、ビットコインが苦戦している一方で、イーサリアム関連商品はプラスの勢いを見せている。先週、世界で1300万ドルの純流入が記録され、イーサリアムに好意的な見通しが示された。\n SECは夏の終わりまでにイーサリアム関連ETFの取引所を承認する見込みである。Bitfinexなどのアナリストは、これらのETFは現在ビットコイン関連ETFが提供している資金流入の10~20%を獲得できると考えている。SECはまた、BlackRockやFidelityなど多くのETFを承認しており、8つのイーサリアムスポットETFのForm 19b-4を承認した。しかし、発行体はまだ取引を開始する前にS-1提出書類を承認する必要がある。

FOMC後の投資家心理の変化は、暗号通貨市場がマクロ経済要因に敏感であることを浮き彫りにしている。FRBが高金利を維持すると決定したことで、インフレ懸念が長引き、投資家はビットコインのようなハイリスク資産に警戒感を抱くようになった。この警戒感により、ビットコインETFファンドから大幅な資金流出が発生し、それまでの資金流入のプラストレンドが反転した。

ビットコインETFファンドからの資金流出にもかかわらず、イーサリアムに対する楽観論は依然として強い。イーサリアムへの資金流入は、投資家が他のデジタル資産を模索していることを示唆しており、イーサリアムのスポットETFがSECに承認される可能性は、この傾向を強め、暗号通貨市場に新たな投資手段を提供する可能性がある。

最近の資金流出は、暗号投資のダイナミックな性質を強調している。ビットコインETFが挫折に直面する一方で、イーサ商品への関心は、デジタル資産に対する投資家の需要が依然として強いことを示している。イーサETFプロジェクトが承認されれば、ビットコインをめぐる弱気なセンチメントに対抗し、大きな市場シェアを獲得する可能性がある。

Bitcoin

Bitcoin

$63,404.25

BTC 5.62%

Ethereum

Ethereum

$3,396.44

ETH 6.42%

Binance Coin

Binance Coin

$577.96

BNB 7.78%

XRP

XRP

$0.53

XRP 0.64%

Dogecoin

Dogecoin

$0.12

DOGE 6.91%

Cardano

Cardano

$0.44

ADA 1.29%

Solana

Solana

$154.93

SOL 6.71%