Компас Инвестиций

Биткоин vs. Доллар

📌 ビットコインが5万ドルの大台に乗せ、2021年以来の高値に – 暗号ブリーフィング|Bitcoin.com

日本時間の本日午前11時頃、ビットコインは2021年12月以来初めて5万ドルのレジスタンスラインを突破した。. Binance

– 日本時間の本日午前11時頃、ビットコインは2021年12月以来初めて5万ドルのレジスタンスラインを突破した。

この快挙は暗号通貨全般にとって大きな節目であるが、アルファ暗号通貨の価格は最小限のペースで動き続け、BinanceやCoinbaseなどの主要取引所には売り圧力がかかった。

その約1カ月前、SECは11のビットコインETFファンドを承認した。

2023年初頭、BTCは約22,000ドルで取引され、暗号業界は2022年の暴落の瓦礫の下からかろうじて這い上がっていた。

Coinsharesによると、デジタル資産投資商品には11億ドルの資金が流入し、流入総額は27億ドルに達した。うちビットコインが98%以上を占めた。

最近の価格上昇は、暗号通貨市場への信頼が高まっていることを示している。” この見方は、ETFが承認されてから約2週間後、暗号通貨資産運用最大手の一つであるグレイスケールがコインベースでビットコインを売却し、その過程で22億ドル以上を送金したことで反証された。この売りによってビットコインの価格は急落した。しかし、グレイスケールによる売りは一段落したようで、価格は安定し、再び上昇した。

一方、ブラックロック(IBIT)とフィデリティ(FBTC)のETF商品の売買高は1月22日以来の高水準となった。これらのETFの株価は本日の取引開始早々に5%上昇した。

機関投資家向け暗号通貨セクターのETFやその他の進歩による機関投資家の投資急増が、ビットコインの新たな勢いの主な原動力として挙げられている。

また、COVID-19で経験した問題(シリコン不足、サプライチェーン問題など)を受けてのハイテク産業の台頭も大きな要因と考えられている。興味深いことに、ビットコインはナスダック100指数から4年ぶりに離脱した。

最近のビットコイン価格の上昇を後押ししていると見られるもう一つの要因は、今年4月に予定されている半減イベントである。半減イベントはビットコインの希少性を低下させ、インフレヘッジとしてのビットコインの考え方やデフレ資産としての価値を支持することになる。

ビットコインの驚異的な成長は、その価格が2021年に69,000ドルという過去最高を記録することになっているが、これはビットコインがプラスの勢いを維持し、機関投資家の資本を引き付けられるかどうかに大きく依存している。

本稿執筆時点では、ビットコインは50,220ドルで取引されている(CoinGeckoによる)。再び関心が薄れれば、価格は簡単に反転する可能性がある。しかし、今のところ、5万ドルの大台を突破することはアルファ暗号通貨の勝利である。

Bitcoin

Bitcoin

$56,921.47

BTC 11.10%

Ethereum

Ethereum

$3,266.70

ETH 6.71%

Binance Coin

Binance Coin

$397.77

BNB 1.93%

XRP

XRP

$0.56

XRP 4.56%

Dogecoin

Dogecoin

$0.10

DOGE 12.18%

Cardano

Cardano

$0.62

ADA 6.43%

Solana

Solana

$109.78

SOL 8.09%