Compass Investments

Crypto vs. Dollar

📌 Consensysがイーサリアムのセキュリティ強化についてSECに報告書を提出しました^^|暗号通貨市場の最新動向はこちら

Consensysは、イーサリアムの構造に組み込まれた高度なセキュリティ機能を認めるよう米国証券取引委員会に要請した。. Web3

– 暗号通貨市場の最新動向について。

Consensysは、イーサリアムの構造に組み込まれた高度なセキュリティ機能を認めるよう米国証券取引委員会に要請した。

このブロックチェーン企業は、ETH ETFに関する意見を求めるSECの要請に応じて提案を行った。

Consensysによると、イーサリアムのPoSはセキュリティの面でビットコインのPoWを上回っている。

ブロックチェーンソフトウェアのリーディングカンパニーであるコンセンシスは、米国証券取引委員会(SEC)に対し、イーサリアムの設計に組み込まれた高度なセキュリティ機能を認めるよう要請した。同社は、SECがイーサリアムETFの申請を承認する可能性について意見を求めていることを受けて、この提案を行った。

提出書類によると、SECはイーサリアムのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)が、詐欺や不正操作に関する「独自の懸念」を生じさせ、SECが考慮すべきものであるかどうかを尋ねている。この質問に対し、コンセンシスはそのような懸念は全く根拠のないものだと述べている。

このブロックチェーン企業は、イーサリアムのPoS実装がいかにビットコインのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)のセキュリティと一致し、それを上回るかを説明する書簡を発表した。Consensysによると、ビットコインのPoWはすでにSECによって取引用に承認されており、ビットコインベースのETFをサポートしている。

Consensysはコメントレターの中で、イーサリアムのPoWには不正や操作から保護する強固なメカニズムが含まれていると指摘。同社は、この実装がハッキングへの耐性によりビットコインのPoWコンセンサスモデルよりも優れていることを強調している。

Consensysの主な利点の中には、イーサリアムの高速ブロック完了と、既知の利害関係者によるコントロールを防ぐ分散型のランダムなブロックチェーン検証プロセスがある。Consensysは、イーサリアムの詐欺と操作の防御メカニズムの要素には、次のものが含まれると指摘した:攻撃の総コスト その他のイーサリアムの特徴として、罰則の軽減、環境へのメリット、セキュリティの強化なども指摘した。

さらにコンセンシスは、ブロックチェーンの分散型コミュニティと透明性が、不正行為に対する保護を強化すると指摘した。ブロックチェーン企業は、イーサリアムの設計に組み込まれた高度なセーフガードを強調した。これらのセーフガードは、すでにSECによって承認されているビットコインベースのETPをサポートする模範的なセキュリティと回復力のセーフガードに合致し、それを上回るものだという。

コンセンシスは数十億のユーザーをweb3に呼び込む計画を発表した。このブロックチェーン企業は、イーサリアムETFの承認を公に推進することで、この使命を実現しようとしている。このように、コメントレターは進歩への一歩であり、一般大衆に必要な情報を提供するものである。

Bitcoin

Bitcoin

$61,092.42

BTC -2.63%

Ethereum

Ethereum

$3,001.69

ETH -1.86%

Binance Coin

Binance Coin

$534.72

BNB -0.09%

XRP

XRP

$0.50

XRP 1.44%

Dogecoin

Dogecoin

$0.15

DOGE -3.19%

Cardano

Cardano

$0.45

ADA -0.48%

Solana

Solana

$134.50

SOL 1.75%