Compass Investments

Crypto vs. Dollar

📌 “インフレ率低下でビットコインが66,000ドルまで上昇”.ゞ

ビットコイン(BTC)は5月12日(水)に強い上昇を記録し、66,400ドルの大台まで上昇した。これは、インフレ圧力の緩和を指摘した4月の米消費者物価指数(CPI)データの発表を受けたもの。. Eth

– ビットコイン(BTC)は5月12日(水)に強い上昇を記録し、66,400ドルの大台まで上昇した。これは、インフレ圧力の緩和を指摘した4月の米消費者物価指数(CPI)データの発表を受けたもの。

米労働統計局によると、4月の年間CPIは3.4%で、3月の3.5%をわずかに下回った。変動の激しい食品とエネルギーを除いたコアCPIも同様の傾向を示し、3.8%から3.6%に低下した。両指標とも市場予測に沿ったもので、前月比0.3%の伸びを示した。

これまでの消費者物価指数(CPI)はインフレの持続を示唆しており、連邦準備制度理事会(FRB)による利下げを遅らせる可能性があった。CMEのフェドウォッチ・ツールによると、インフレ率が低下するなか、投資家は現在、9月に利下げが実施される可能性は75%であると予想している。

発表されたインフレ・データはビットコインの勢いに直接影響を与えた。CoinGeckoのデータによると、暗号通貨は63,000ドルの大台を突破し、上昇を続け、本稿執筆時点では65,900ドルで取引されており、過去24時間で7%近い上昇となった。

ビットコインの上昇は暗号通貨市場全体にも好影響を与え、市場規模は約6%増の2.5兆ドルに達した。イーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)を含む主要アルトコインは好調だった: ETHは4%上昇し3,000ドルの大台を超え、SOLは8%上昇し150ドルを超えた。

テクニカルアナリストのRekt Capitalは最近の投稿で、ビットコインは半減後の「危険水域」(ビットコイン半減イベント後の期間)を抜けた可能性があると指摘した。同アナリストは、ビットコインは現在蓄積段階にあると示唆している。また、過去のパターンが続けば、次のビットコインの強気相場のピークは2025年9月中旬から10月中旬の間に発生する可能性がある。

このように、インフレ圧力の緩和やビットコインとアルトコインの好パフォーマンスなど、最近の市場動向は暗号通貨市場の回復の可能性を指し示し、投資家の楽観論を高めている。

Bitcoin

Bitcoin

$68,911.02

BTC 0.79%

Ethereum

Ethereum

$3,746.49

ETH 2.25%

Binance Coin

Binance Coin

$601.85

BNB 0.90%

XRP

XRP

$0.54

XRP 1.02%

Dogecoin

Dogecoin

$0.17

DOGE 2.05%

Cardano

Cardano

$0.46

ADA 0.76%

Solana

Solana

$167.17

SOL 0.94%